オンライン婚活は高い?最新のオンライン結婚相談所なら費用1/6で驚異のコスパ!

「そろそろ本気で結婚を考えないとヤバいかも・・・でも結婚相談所は費用が高いし・・・」
たしかに従来の結婚相談所に掛かる費用は高額でした。入会金だけでひと月分の給料が無くなるし、入会後もマッチング料だの成婚料だのと課金も多い。

なので多くの人が安価な婚活アプリでパートナー探しを始めるのだけれど、そこには結婚詐欺師や遊び目的のいわゆるヤリモクが多く潜んでいて、ニュースでも連日「出会い系アプリ」に絡む犯罪被害が報道されていますが、表沙汰になるのは氷山の一角です。中にはサービス事業者自体が「さくら」を仕込んで利用者を翻弄し、課金を促しているような悪徳アプリも見受けられます。

以上のように「婚活」や「出会い」の場は、詐欺や性犯罪の被害に遭いやすい危険な場所です。結婚したい思いが切実であればあるほど、求婚者の弱みに付け込んで無責任に甘い言葉をささやく詐欺師の毒牙にかかりやすくもなります。

けれども晩婚化が進む世の中で「タイムリミット」を意識しながら結婚を望む人々にとって、ネット婚活はすでに外せない要素になっています。

そんな中、画期的な「結婚相談所」のサービスが開始されました。「オンライン完結型」の結婚相談所です。専任の担当者による「個別サポート」もオンラインで行われます。店舗の経費が節約できる分、大幅なサービス料金の低減が実現されていて、その費用は一般的な結婚相談所の、なんと「6分の1」です。価格破壊と言ってよいのではないでしょうか。

とりあえず最新オンライン結婚相談所のサービス内容を確認してみたい方はこちら ⇒ 【naco-do】

オンライン完結とは言ってもサービスの内容は従来の結婚相談所に劣るものではなく、業界団体にも複数加入しているので、全国の他の相談所の入会者とのお見合いも可能です。まさに結婚相談所業界にもイノベーションが起こりつつある印象です。

 

独身は寂しい・・・けど、出会いがない

「いずれは自分にも自然な出会いが訪れて、恋愛もして、結婚をするだろう」と思いながら、30代を過ごしてしまう人が多くなっています。男性は40歳を過ぎてもまだ大丈夫な気分でいられる様ですが、女性の場合は30代の後半から結婚への焦りが深刻になり、思い悩む人が多くなります。

  • 結婚したいけど価値観の合う人に出会えない
  • 結婚を前提とした相手と出会いたい
  • 異性との話し方や接し方がわからない
  • 病気の時に一人ぼっちはつらい
  • なんだか婚活に疲れてしまった

以上のような思いを抱きながら、2020年時点では男性の約26%女性の約17%生涯未婚者(50歳時点で一度も結婚をしたことのない人)になるであろう推計が示されています。2030年には男性で約30%、女性で約23%が生涯未婚になる見通しだそうです。

参考資料:国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計(全国推計)(平成20年3月推計)」

 

独身のまま30代を終えてしまう気がしてきた

結婚を望む女性にとっての30代後半は、おそらく結婚で叶えたい物事を一通り手に入れられる可能性の残された、とても貴重な期間です。

子供靴を間に並び立つ男女

そんな女性たちがどんな男性を結婚相手として選ぶだろうかと考えてみると、もしも子供を望む女性であれば、子供が成人するまで健康で家庭を支えてくれそうな男性を選ぶはずなので、欲を言えば少し年下か、せいぜい40代前半までの男性を選ぶのではないでしょうか。

なおかつ女性は男性の経済力を非常にシビアに評価しますので、その点も対象者を見つけにくくする大きな要素だと思います。

一方の男性はというと40代になっても女性の「若さ」や「容姿」にこだわる傾向があり、男女ともに年齢が進むほどに理想と現実が乖離し、なんとなく自覚してはいても手遅れになるまで軌道修正ができずに、結果として以下のような思いを味わう人が多くなります。

  • 家庭を持った友達に嫉妬してしまう自分が情けない
  • コミュ障で結婚を望んだり諦めたりの繰り返し
  • 一人の老後を想像するだけで気持ちが沈む
  • 婚活が長引いて誰ならいいのか判らなくなってきた
  • 親といて子供連れの若夫婦に遭遇すると気まずい空気になる

いざ結婚をしようと思っても、一緒に過ごしていこうと思えるほどに親近感を持てる相手というのはなかなか見つかるものではありません。まして、収入や職業などの条件を付加するほど、理想の相手にたどり着ける可能性は低くなるので、なるべく「大きな篩(ふるい)」で「大勢の対象者」を選別する必要が生じます。そして、それを可能にするのが「ネットを活用した結婚相談所サービス」です。

オンライン婚活で出会った静かで優しいコミュ障さんと田舎暮らし

農作業の男女

ネットを活用した婚活は距離や時間の制約を取り払い、飛躍的に多くの異性とのコンタクトを可能にします。行ってみたかったところや、憧れだったライフスタイルを実現できそうな遠隔地に、理想のパートナーを発見することもあるかもしれません。「オンライン婚活で大好きな沖縄の人と結婚して毎日がバカンス生活!」なんていうことも十分ありえます。

サーフィンボードを抱えた男女

誰かと一緒にいると、自分の行為で相手が喜んでくれたりすることがあります。そんな時は自分も嬉しい気分になるものですが、私たちの幸せというのは大切な誰かを喜ばせることなのかもしれません。その笑顔のためになら毎日ヘトヘトになっても頑張れる・・・そんな対象が、きっと誰にも必要なのではないでしょうか。

  • 自分の料理を喜んでくれる相手がいる幸せ
  • 自分を大切にしてくれる人と結婚して、自分も相手を大切に思うようになった
  • 自分が病気で働けなくても急に困窮する心配がない安心感
  • 仕事から帰って自宅の窓に明かりが点いているのを見ると幸せな気分になる

世の中には険悪な夫婦も多く在りますが、限られた時間の中で、互いに満たし合える最良のパートナーに出会おうとするのであれば、効率や確率を高めて婚活に臨む必要があります。そして、オンライン婚活がそれを可能にします。

コストパフォーマンスが飛躍的に向上した進化形オンライン結婚相談所の詳細は以下のリンクからご確認いただけます。

>>>独身証明の提出率100%!スマホで活動できる結婚相談所 【naco-do】

 

優良な婚活サービスへの投資は結婚への快速切符

以上のようにオンライン婚活には出会いの可能性を飛躍的に高められる大きなメリットがありますが、いくつかデメリットと思われる点もあり、あらかじめ心得ておくと不利益を最小限に抑えることができます。

「結婚相談所はマッチングアプリに比べて料金が高い」
⇒ より安全な環境で時間を節約して結果を得るには多少の投資は必要。コストパフォーマンスの良いサービスを活用し短期間で結果を得るのが結局は一番安上がりです。
「オンラインで十分なフォローが受けられるか心配」
⇒ オンライン完結型の婚活エージェントなら個別にコンシェルジュがいるから大丈夫。なんでも相談してみましょう。
「成婚後のサポートがない」
⇒ 余剰なサービスは省いてコストカット。低価格な上に入会金や成婚料が無料のサービスなので「最良の出会いを得る」ことへのピンポイント投資と考えましょう。
「オンラインとはいえ初対面だと雑談も難しい」
⇒ 初対面は「挨拶+自己紹介+少しの雑談」程度の短時間の顔合わせでOK。コンシェルジュのアドバイスを受けながらプロフィール情報を充実させて、共有できそうな話題を3つほど用意しておきましょう。お互いに緊張する場面なので、カメラに映り込む場所に相手の趣味に関する小物を配置したりすると、あなたの気遣いが相手をリラックスさせるかもしれません。「準備」があれば落ち着いて対応できます。
「部屋の片付けやカメラ映りなど準備が必要」
⇒ どんなお見合いにも準備は必須。特別な日のお洒落を楽しむように、照明やカメラの角度を調整して相手に好印象を与える工夫を楽しみましょう。
「店舗型の結婚相談所よりは安いけど、それなり費用はかかる」
⇒ 3ヵ月以内に出会いが無かった場合の全額返金保証も付帯しますが、優良な婚活サービスへの投資は結婚への快速切符。使い倒して短期間でのゴールインを目指しましょう。
「オンラインと直接会うのとでは印象が違うこともあるし、キープされている状態になるのも心配」
⇒ 最終的には会ってみないと判らないこともありますが、通常の恋愛もまずは友人知人程度の関係性からスタートします。その段階では並行して別の人とのお見合いも可能なので、いくつかの出会いの中で「親近感」が育つ過程を大切にしましょう。おそらく「決めきれない思い」を融解させて「大切な決断」に理由を与えてくれるのは、結局のところ「本能的な親近感」ですし、それが芽生えるのには多少の時間も必要です。
「婚活サービスには遊び目的の男性が紛れ込んでいるかもしれない」
⇒ 何れの婚活サービスを利用するにしても、一定の警戒心は維持する必要があります。その上で、「身分証明」や「独身証明」の義務付け、「入会審査」などの障壁によってある程度安全の確保された環境で婚活できるところに、有料サービスを利用する意義があります。

 

チャットやメールでの「文通」からでOK

もし、今あなたが孤独を感じている状況があったとして、スマートフォンに「こんばんは」とメッセージの着信があったら、いぶかしく思いながらも少しだけ心が躍るのではないでしょうか。

世の中の何処とも繋がっていないような寂しさを感じているとき、ほんの短いメッセージで、消え入りそうだった存在感覚が強まることがあります。言葉にはそんな力があります。

ノートパソコンとハートマークの画像

例えば、私はとてもあがり症なので、対面で話題が途切れてしまったりすると焦ってつまらないことを言ってしまい、後でくよくよすることがよくあります。そんな失敗も文章でのコミュニケーションでなら回避できます。

オンライン婚活の場でも、言葉はとても大切です。顔出しでは上手く話せなくなってしまう人も、文章でなら少し時間をかけて考えながら、自分の素直な思いを言葉にできるのではないでしょうか。オンライン婚活には他にも以下のようなメリットがあります。

  • 近場にいる人とでさえすれ違いな社会環境の中で、遠くの人とでも積極的に接点を得ることができる。
  • 結婚の意志がはっきりしていて身元確認の取れている人が対象者になるので徒労が少ない。
  • あらかじめオンラインで交流を深めることが出来るので、リアルな対面の際に必要以上に緊張しなくてすむ。
  • 話題が尽きて気まずい思いをすることのないように、短時間の交流を重ねることもできる。
  • オンラインなら交流頻度も確保しやすいので「親近感」の醸成にも強みがある。
  • 自分の部屋でリラックスして交流ができる。
  • 結婚相談所のサービスをこれまでになく格安で利用できる。

人は何歳になっても結婚は可能です。けれども、もし晩婚に焦りを感じているのであれば、ネットの利点を最大活用できる結婚支援サービスの利用は、こじれた婚活を打開する糸口になるはずです。

現在、日本の結婚相談所のほとんどはJBA(一般社団法人日本結婚相談協会)などのプラットフォームに加入して、婚活事業者間で会員の相互紹介を行っています。このため、何れかのサービスに登録すると、全国の相談所の会員データから、あなたの希望に適合する登録者の紹介を受けることができます。

もちろん、地元に絞ったパートナー探しも可能ですし、ネットの活用はあなたの婚活の幅を広げ、出会いの確率と精度を飛躍的に高めます。

とはいえ、繰り返しになりますが安全性への配慮は必須で、安価な婚活アプリなどは無法地帯の状況ですので、限られた時間で安全に婚活を行うには、やはり結婚相談所のサービスがおすすめです。高額な費用が掛かる印象の強い結婚相談所ですが、最も新しいタイプのオンライン結婚相談所なら、これまでになくコスパの良いサービスが利用できます。

半年のパック料金でみると、結婚相談所の平均的な費用と比較して1/6程度まで圧縮され、さらに「3ヶ月以内に出会いが無かった場合の全額返金保証」も付いているので、入会時の負担感は今までになく軽減されています。

選べば選ぶほど混迷し、決まるときにはサクッと直感的に決まったりする婚活ですが、自身で納得できるパートナーに出会うには、やはりある程度の母数は必要です。そしてその中に一人か二人「なぜだか緊張しない」とか「一緒にいて安心する」といった違和感のない相手が、きっとあなたとの出会いを待っています。

男女の小指をつなぐ赤い糸のイメージ画像

婚活は、すると決めたら短期集中。結婚相談所としては業界最安値で、これから新規登録者も大幅に増加しそうな、いま最も旬な婚活サービスを活用して、ぜひ半年の後には一人ぼっちではない安心な毎日を手に入れて下さい。

>>> 専属サポーター付きで安心婚活!スマホの結婚相談所 【naco-do】

© 2021 一番安い料金の結婚相談所は?最新オンライン婚活で6ヶ月後の婚約を目指そう! Powered by AFFINGER5